わきがの仕組みと治し方

わきがの悩みしっかりとクリアネオで臭いケア

わきが対策。わきがの臭いを消すにはどうすればいいの?

臭いの中でも特に嫌がられるのが「わきが」

それは、わきがの人なら誰しも感じたことあるのではないでしょうか?

実際、日本人でわきがの症状がみられるのは10人に1人といわれます。

10人に1人。決して少ない人数じゃありませんよね。

わきが臭の原因を知ってしっかりケア

そもそもわきがというのは人間だれしも持っている汗腺が原因なんです。

エクリン腺とアポクリン腺。聞き馴染みが無いかもしれませんが二つとも汗腺なんです。

二つの汗腺の違い。わきが臭の原因を知って臭いケア

エクリン腺は汗腺といったらぱっと思いつく、汗の腺です。当然不衛生にすると酸っぱい臭いが立ち込め周りの人不快にさせます。

但し、清潔にしていれば臭いの問題になることは少ないですね。

もう一つがアポクリン腺。こちらも汗を分泌するのですが人によって多さや大きさは様々。

アポクリン腺より分泌された汗は脂質などを含み肌に存在する常在菌の恰好のエサになるのです。

常在菌がエサにして分解する悪臭を放ちます。

それが、わきが臭という訳なんですね。

厄介なのはアポクリン腺から分泌される汗というのは無臭なんです。清潔にすれば洗い流せます。

しかし、肌に存在する常在菌というのは簡単には取り除くことができません。

そして、日常生活で汗をかかないことはありません。むしろ汗をかかない場合は病気を疑ったほうが良いでしょう。

簡単に取り除くことができない菌は、日常ででた汗を好むわけですからいくら清潔に保っていてもわきが臭というのは発生してしまうんです。

わきがの原因はわかったけど、どう対策すればいいの?

わきがを治す。というのは簡単な話ではありません。

治すとなると、結局のところその原因を取り除く方法しかありません。

取り除くというのは最終的に手術で無くすという事ですね。

わきがの手術のメリットとデメリット

ただ、手術はメリットとデメリットの差が大きすぎるんです。

手術をすれば汗腺のほとんどを取り除くことができる剪除法といった方法があります。

これは皮膚を開いて汗腺をカミソリみたいな器具で根こそぎ取ってしまう方法なんですが、肌に傷跡が残ります。

そして、他の方法は傷跡が残りにくいけども高価、また汗腺が残ってしまう、失敗するケースもあるので中々おすすめしにくいのです。

一時的だが効果は絶大。ボトックス注射

手術に頼らない場合は、ボトックス注射で汗腺の働きを止めてしまう方法もあります。

一時的にですが汗腺を止めることができるので汗が分泌されなくなります。

その間は常在菌はエサが無くなるのでわきが臭も発生しなくなるという訳です。

いいことばかりな感じですが、問題なのは値段と期間。

ボトックス注射といっても値段は様々。製造会社によって大きく値段が変わりますし、何より実績が違います。

安価で1万円半ばから高いものになると7,8万程します。

ちなみに効果期間の方は約3~6ヶ月とこれまた幅が大きいです。人によって体の作りも違うのである程度しょうがない部分はありますね。

もっとも安価だけどちょっと手間がかかる。わきが専用クリーム

わきがの臭いの対策でもっとも安価に済むのがわきが専用クリームでしょう。

1本あたり約5,000円程で購入ができます。

ちなみに、ドラッグストアなどで販売されている安価な消臭スプレーとは違うので注意しましょう。

そもそも、わきがの場合は臭いを一時的にごまかしてもすぐに臭います。そして何よりも香料などついているスプレーを使うと臭いが混じって大惨事につながってしまいます。

わきがの専用クリームの役割は、わきの常在菌を殺菌そして抗菌。臭いの元となる菌そのものを除去します。

そして、制汗成分で菌のエサになる汗を制汗します。

酒類は様々発売されていますが、わきが専用クリームの基本的な考え方はどれも同じです。

また、わきがと言ってもなにもワキだけケアすればいい話だけではありませんよね。

手術やボトックスの場合は対象の箇所でしか利用できないのに対しわきが専用クリームの場合は気になる場所ならどこでも利用ができるといったメリットがあります。

逆にデメリットは、朝1回、夜1回。1日2度のケアを定期的に使用する必要があります。

もちろんいうほどの手間ではありませんし、外出しない日などはほっておいてもよいでしょう。

ただ、手術やボトックス注射に比べるとどうしてもひと手間かかることは否めませんね。

 

公開日: