子供のワキガにクリアネオ

子供の為だからこそ、しっかりとクリアネオで臭いケア

子供をわきが臭いの悩みから守るのは大人の責任

大切な子供の事だからこそ、大人の気遣い

ワキガは遺伝します。だからこそお父さんかお母さんかどちらかがワキガ体質の場合、子供のワキガ・臭いのケアは絶対気を使うべきなのです。

  • 片親がわきがだった場合の遺伝する確率は約50%
  • 両親がわきがだった場合の遺伝する確率は約80%

昔に比べて最近の子供の成長は著しく、小学生低学年の子でも体つきがしっかりしてきています。それはいい面もあれば悪い面もあるのです。

ワキガの原因となる汗腺のひとつ「アポクリン腺」。汗腺よりでてくる汗を菌が分解して嫌な臭いを発生させます。

昔は思春期などで体の成長と共に気になり始めたワキガ臭。成長の低年齢化に伴い汗腺もまた小さな頃に成長して周囲に嫌な思いをさせます。

特に小さな子供の場合は、周囲に臭いを感じさせる事が問題というよりはそれによって冷やかしに繋がったり、もっといえば虐めへの入り口になってしまう事が大きな問題です。

当然虐める側が悪いのは確かですが、本人の気が付かない臭いのケアをサポートするのも親気遣いといえるでしょう。

大切な子供へのワキガ、ケア方法

未成年の子達にワキガのケアを行う、実はそんなに簡単な話ではありません。

未成年といえども小学校の低学年より高校生まで様々です。子供がワキガに対してどれだけの意識・知識を持っているかによって大きく話が変わってきます。

未成年のワキガは単純に臭いを消臭するだけでなく「どれだけ環境に適したサポート」ができるかがとても重要です。

例えば、低学年のお子様で本人も回りもワキガの自覚が無いような時期に大人が気が付いたのであれば、ワキガ用消臭クリームを利用して朝晩塗るように一緒に行ってみると良いでしょう。

その際に、子供にはワキガ用クリームとは絶対に教えず肌を整える薬とでも言っておいた方がよいですね。

小さい子供の場合はワキガの臭いが問題で冷かしや虐めに繋がる訳でなく、「ワキガ」という言葉が原因の場合がほとんどです。小学生ぐらいであれば本人すら自覚していない状況のほうが不要な心配事に巻き込まれる事も少ないでしょう。

ワキガは別に恥ずかしい事ではありません。

昔は人に必要だった機能が現代でも残っている。たったそれだけのなんです。

しかし、子供にそれを説いてもなかなか理解してくれません。

火の無いところには煙は立たない。

そういった方法も子供の為と思えばこそです。

中学生、高校生になればそれとなく体の話でワキガのことは自覚するように伝えましょう。

中学生、高校生までなると臭いケアしてなければ本人よ回り方が先に気が付くはずです。

臭いがきついからそれだけの理由で周りが避けはじめる事も珍しい話ではありません。

「知らないのは自分だけ」これほど酷い仕打ちはありません。

それよりは先にきちんと伝えて臭いのケアの方法を教えるほうが絶対に良いです。

ワキガ臭いのケア方法

ワキガのケアの方法は大きく分ければ手術・注射・消臭剤の3つの方法から選択することになります。

但し、未成年の場合は体のが発育途中といったこともあり手術できません。

現実的な方法としては2つということになります。

一つはデオドラント・消臭アイテムを利用する方法です。

三つの中で最も一般的な方法といえます。

実はワキガの消臭に効き目があり、子供の肌にやさしいデオドラントアイテムって多くはないんです。

まず、一番に気を使わないといけないのは「子供の肌に悪影響がないか」ということです。

ドラッグストアなどで販売されているデオドラント製品はほとんどが大人向けで作られており子供の肌へ刺激が強すぎる製品も沢山あります。

折角、子供の為を思ってデオドラント製品を使い始めたけど、肌が荒れた・臭いが酷くなった・アレルギーが出たなど事例は沢山あります。

肌に優しく、できれば無添加・無香料の製品を使う事を強くオススメします。

クリアネオ

お子様のワキガ対策にクリアネオ
わきが用クリームで最も人気のあるクリアネオ。 わきがの臭い。汗の臭いで子供から大人まで幅広く利用できます。 また、制汗に非常に優れているので夏場に大活躍してくれます。 当然、安心・安全に設計されており肌に悪いと言われる成分は入っていません。 無添加・無香料。パッケージも目立たない黒を基調としています。  

もう一つは一つはボトックス注射。

3~6ヶ月間、アポクリン腺、エクリン腺よりの汗を止める事で臭いの元を押さえ込みます。

効果が数ヶ月と短いのと金額が高いのがネックです。

 

公開日:
最終更新日:2016/06/20